ロケーション抜群首都圏エリアの埼玉県の風俗の特徴とは?

埼玉県の風俗の中心地は県庁所在地のある「さいたま市」になりますが、中でも風俗が盛んなゾーンは大宮区です。

2001年に合併するまでは「大宮市」でしたね。

繁華街も多く風俗街もあります。

今回は【ロケーション抜群首都圏エリアの埼玉県の風俗の特徴とは?】について掘り起こしてみましょう。

■最寄り駅は大宮駅

大宮駅は埼玉県でも最大級のターミナル駅です。

新幹線・宇都宮線・高崎線・埼京線・京浜東北線などが乗り入れしています。

交通の便が良いですから、東京・群馬・栃木からのアクセスも抜群。

身バレを避けるために埼玉県外から働きにきている女の子も多いですね。

この傾向はお客さまである男性にも言えます。

東京都内からの帰宅途中に風俗を楽しんで帰宅する男性も多いですね。

■大宮の風俗街は大宮駅の東口の北側に広がっている大宮北銀座(通称キタギン)です。

大宮駅の改札を出て目印にして欲しいのが「まめの木」のオブジェ。

ルミネに向かって移動すると東口になります。

東口はふたつあり、東口(北)方面に向かうと広場がでてきます。

広場の前の道を左折したら大宮銀座通りです。

県道2号の高架橋の右奥に簿記専門学校がありますので目安にしましょう。

ここの高架橋をくぐり平和道理を進むと右側に風俗街が見えてきますよ。

20店舗ほどのソープ・数件のファッションヘルスもあります。

どちらかと言いますと店舗型風俗が多いです。

大宮の風俗はバックアップがしっかりしているのでサーボスも抜群です。

ソープランドもリーズナブルなショートコースもあるのでお薦めです。