遺品整理と特殊清掃

奥が深い遺品整理

奥が深い遺品整理のメイン画像

孤独死や特殊な遺品整理の場合特殊清掃が必要な事があります、なかなか業者でないとできないケースです

遺品整理と特殊清掃

一軒家の自宅で亡くなった場合等はすぐにでも立ち退きをしなくていいかもしれませんが、借家やアパートなどを借りていた独居老人が亡くなった場合、大家さんや不動産管理会社によっては期限を付けて早く立ち退いてもらおうとすることがあります。

亡くなってからすぐに発見された場合は遺品整理と通常の清掃だけで済みますが、亡くなってかなり期間が経っている場合等は特別な清掃である特殊清掃が必要な場合があります。

畳や住居のリフォームが必要な場合もありますし、臭いが残って次の入居者や近隣の方に迷惑がかかっているケースもある為、このような場合は大家さん等も遺品整理や特殊清掃を急がれる事もあります。

時間がなくて焦る事もありますが、この時も重要なのは信頼できる業者かどうか見極める事です。

特に特殊清掃は一般的なアパートなどの清掃と違い、特殊な機材や薬品を使ったり、状態が悪い場合は部屋の一部分をリフォームしなければならない事もあります。

このような時に依頼者と業者の間で揉めることもあるので、ある程度どれくらいの金額になるのか依頼する前に聞いておきましょう。

また、他の業者の金額も大体いくらくらいか調べておいた方がいいです。

業者と打ち合わせをする時に異常に高いような場合は交渉する材料になるからです。

お願いする立場なのでこちらが弱いと思わず費用は払うのですから足元を見られないような態度を取る事が大切です。

また、遺品の中には高価な金額の物がないかどうか前もって調べておいた方が安心です。

※遺品整理ナビURL・・・>http://遺品整理.pw/entry8.html

Copyright (C) 奥が深い遺品整理(www.aucitronconfit.com) All Rights Reserved.